朝日新聞「元NGT荻野由佳さんも苦しむネット中傷 被害深刻化で進む制度改正」

1: Team774(三重県) (6級) 2022/09/22(木) 22:10:55.73  ネット上の誹謗(ひぼう)中傷被害が深刻化していることを受け、10月1日に加害者を特定する手続きを簡略にするプロバイダー責任制限法の改正法が施行される。7月には侮辱罪の法定刑の上限が「1年以下の懲役・禁錮か30万円以下の罰金」に引き上げられた。いまも被害に悩む元NGT48の荻野由佳さん(23)は「うそでも事実であるかのように広がってしまうネット空間の現状が、少しでも変わって欲しい」と願う。  総務省の違法・有害情報相談センターには2021年度、ネット上の誹謗中傷被害に関して6329件の相談があり、10年前の約4倍に増えた。  特に著名人を標的とした中傷は、数が増えやすく、被害も深刻だ。 ■仕事の相手先に「なぜ起用するのか」  20年にはフジテレビの番組「テラスハウス」に…

このサイトの記事を見る

タイトルとURLをコピーしました